急な出費で借金するなら

急な出費の借金はプロミスで!

画像
プロミスは最短30分の審査で融資を受けることができますので、急な出費でお金が必要になった時でもすぐに対応してくれます。

 

申し込みから融資まで最短1時間程度で終わらせることができますので、今すぐお金が必要な方にもおすすめなフリーローンです。

 

また「WEB完結」で契約することが可能ですので、来店不要で借りられるのも大きなメリットです。

 

急な出費の借金はどうする?おすすめフリーローン【申込みと借り方】

 

 

WEB完結で24時間365日いつでも申し込みをする事が可能ですし、郵送物なし・カード発行なしで最短即日融資を受けることができます。

 

プロミスは三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座を持っていれば、振込みの依頼をしてから10秒でお金を借入れできる「瞬フリ」というサービスを受けれます。

 

また、全国に設置してある自動契約機からカードを発行すれば、最寄のコンビニなどの提携ATMから借り入れすることも可能です。

 

プロミスで初めて借り入れする方は「30日間の無利息サービス」を利用する事ができます。

 

メールアドレスとWEB明細の登録をすることで、借り入れした翌日から30日間は利息が0円で返済する事が可能になります。

 

プロミスには女性オペレーターが対応する「レディースキャッシング」もありますので、急な出費で借金する事になってしまった女性にも優しく対応してくれます。

 

≫プロミス申込窓口はこちら

 

急な出費で借金するには?

画像
いつお金が必要になるか分からない急な出費って困りますよね。

 

給料日前なのに財布の中に入っているお金を使ってしまうと、生活費が足りなくなってしまう・・・。

 

そんな急な出費でも対応する事ができるフリーローンはあるのでしょうか。

 

家族や友人にお金を借りてしまうと関係性が崩れる可能性がありますが、フリーローンだと誰にも迷惑を掛けずにお金を借りることができます。

 

ここでは、急な出費でも借金ができるプロミスやアコムを詳しくご紹介していきます。手軽に融資が受けれますので、今すぐお金が必要な方はぜひご覧ください。

 

 

即日審査おすすめランキング!

急な出費の借金はどうする?おすすめフリーローン【申込みと借り方】
急な出費の借金はどうする?おすすめフリーローン【申込みと借り方】
急な出費の借金はどうする?おすすめフリーローン【申込みと借り方】
急な出費の借金はどうする?おすすめフリーローン【申込みと借り方】
急な出費の借金はどうする?おすすめフリーローン【申込みと借り方】

 

急な出費の借金はどうする?おすすめフリーローン【申込みと借り方】
急な出費の借金はどうする?おすすめフリーローン【申込みと借り方】
急な出費の借金はどうする?おすすめフリーローン【申込みと借り方】
急な出費の借金はどうする?おすすめフリーローン【申込みと借り方】
急な出費の借金はどうする?おすすめフリーローン【申込みと借り方】

 

急な出費の借金はどうする?おすすめフリーローン【申込みと借り方】
急な出費の借金はどうする?おすすめフリーローン【申込みと借り方】
急な出費の借金はどうする?おすすめフリーローン【申込みと借り方】
急な出費の借金はどうする?おすすめフリーローン【申込みと借り方】
急な出費の借金はどうする?おすすめフリーローン【申込みと借り方】

 

急な出費の借金フリーローンで借りる?

画像
急な出費でも対応できるフリーローンは、申し込みから融資までが早いので即日融資も可能になっています。

 

申し込みする時間帯にもよりますが、1時間もあれば申し込みから融資まで完了することができますし、審査時間も最短30分とスピーディーです。

 

必要書類は各社によって多少違ってきますが、基本的には運転免許証やパスポートなどで本人確認ができれば問題ありません。

 

フリーローンの審査は他社借入額が多少あっても問題になることは少ないですが、信用情報にキズがある場合は、審査に通ることが難しくなります。

 

消費者金融の金利は平均18%ですので、銀行カードローンに比べれば高くなっています。

 

ですが、30日間無利息サービスを実施しているプロミスやアコムなら、契約した次の日から30日間は利息が0円で返済する事ができます。

 

フリーローンはスマホやパソコンなどのインターネットから24時間いつでも申し込みをすることができますが、今日中にお金が必要ならば、平日の14時までに申し込みをしておきましょう。

 

急な出費で借金をする必要がある場合は、ここでご紹介しているプロミスやアコムがおすすめです。

 

急な出費でおすすめのフリーローンとは?

画像
急な出費で今日中にお金が必要になった場合に、おすすめなのがプロミスとアコムです。

 

プロミス

プロミスは「瞬フリ」「30日間の無利息サービス」「レディースキャッシング」などサービスが充実しているフリーローンです。

 

「満20歳〜69歳までの安定した収入のある方」という条件を満たしていれば、正社員はもちろんパートやアルバイトをしている主婦や学生でもお金を借りることができます。

 

最短30分の審査や最短1時間の融資も可能になっているように、融資スピードはかなり早く、14時までに申込みと審査を終わらせることができれば、今日中にお金を銀行口座に振り込んでもらえます。

 

また、自動契約機は22時まで営業していますで、夜遅くにお金が必要になった場合でも、借り入れすることが可能です。

 

プロミスには申込みから契約まで、すべてネット上でできる「WEB完結」がありますので、自宅にいながらお金を借りることができます。

 

WEB完結だと郵送物なし、カードレスですので周囲にばれる心配はありません。

 

プロミスは審査に通りやすく融資までのスピードも速いので、今日中にお金を借りたい方や夜遅くにお金を借りたい方にもおすすめです。

 

 

アコム

アコムは最短30分の審査で結果を知らせてくれますので、すぐに融資を受けることが可能です。

 

初めてアコムで契約する方であれば「30日間無利息キャンペーン」を契約した翌日から利用できますので、その間は利息が0円で返済することができます。

 

パソコンやスマホなどのインターネットからだと、自宅や外出先から申し込みや契約ができますし、平日14時までに契約と振込みの手続きを終えれば、即日融資を受けることができます。

 

楽天銀行の口座を持っている方は申し込み・契約・振込みの手続きが22時までに完了すると24時間365日、最短1分で振込みをしてくれます。

 

また、インターネットで申し込みや契約をした後に、自動契約機でカードを発行すれば併設してあるATMから、すぐにお金を借りることができます。

 

カードがあれば最寄のコンビニから提携ATMで、すぐにお金を借りることができますのでおすすめです。

 

急な出費のフリーローンプロミスの申し込みと借り方は?

画像
プロミスの申し込み方法は以下から選べます。

 

  • インターネット
  • プロミスコール
  • 郵送
  • 店頭窓口、自動契約機

 

プロミスは来店不要で24時間365日、郵送物なしで申し込みができる「Web完結」があります。

 

最短30分で審査も可能ですし、借り入れも最短10秒で指定口座に振込みしてもらえます。

 

銀行の営業時間内に契約ができれば、カードを発行しなくても振り込みで融資をしてもらうことが可能です。

 

プロミス公式サイトから申し込み

プロミスをWeb完結で申し込みするには「カンタン入力」と「フル入力」の方法があります。

 

「カンタン入力」は必要最低限の項目になっていますので、ネットから申し込みをした後にプロミスの担当者から電話がかかってきます。

 

「フル入力」だと電話連絡なしで、すべての手続きをWebだけで完了することができますので、余計な手間を省きたい場合はフル入力から申し込むのがおすすめです。

 

在籍確認

プロミスの審査では、在籍確認として職場への電話連絡が必ず行われます。

 

プロミスの担当者が個人名で電話をかけますので、勤務先にプロミスからの電話だとバレる心配はありませんし、実際に勤務していることが確認できれば在籍確認は完了です。

 

必要書類の提出

プロミスの申し込み完了後に送られてくるメールかアプリから必要書類を提出します。

 

プロミスでは本人確認書類として以下のいずれか1点を提出します。

 

・運転免許証
・パスポート
・健康保険証+住民票

 

現住所と書類の住所が違う場合は、現住所が記載されている以下のいずれか1点の書類もあわせて提出します。ですが、6ヵ月以内に発行されているものに限ります。

 

・納税証明書
・住民票
・社会保険料の領収書
・国税または地方税の領収書
・公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHKのどれか1つ)

 

また、借り入れ希望額が50万円を超える場合や、他社での借入残高の合計が100万円を超えると、収入証明書として、以下の書類からいずれか1点を提出します。

 

・源泉徴収票(最新年度)
・確定申告書(最新年度)
・給与明細(直近2ヵ月分と1年分の賞与明細書)

 

契約

プロミスに必要書類を提出したら、審査結果の連絡を電話かメールで受け取り、返済方法を口座振替で選択し契約を完了します。

 

カード不要を選択すると、カードなしで借り入れすることが可能です。もし、カードが必要になった場合でも、後から発行することもできます。

 

借り入れ

プロミスの借入方法は以下から選ぶことができます。

 

  • 振込み
  • プロミスATM
  • 提携ATM
  • 三井住友銀行ATM

 

Web完結だとカードレスでの契約になるので、銀行口座への振込融資に限定されます。

 

プロミスから振込融資を受けるには通常の「振込キャッシング」の他に「瞬フリ」というサービスがあります。

 

どちらを利用するにしても、プロミスの会員ページかフリーコールから振込み依頼をすれば融資を受けられます。

 

「瞬フリ」は三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば利用する事ができるサービスです。

 

24時間365日、振込みの依頼をしてから10秒で借り入れする事ができますし、最短即日で融資を受けたい場合でも、20時までに申し込みをすれば今日中にお金を借りる事が可能となります。

 

「振込キャッシング」は平日14:50までに振込依頼をすると当日中に融資を受けることができますので、早めに申し込みを済ませておきましょう。

 

ちなみに、プロミスATMやコンビニなどの提携ATMで借り入れしたい場合は、自動契約機から契約をしてカードを発行するのがおすすめです。

 

≫プロミス申込窓口はこちら

 

 

急な出費のフリーローンアコムの申し込みと借り方は?

画像
アコムの申し込み方法は以下から選べます。

 

  • スマホ、ケータイ
  • パソコン
  • 店頭窓口、むじんくん
  • 電話

 

今日中にお金を借りるなら、スマホやケータイ、パソコンなどのインターネットから申し込みをするのがおすすめです。

 

契約をインターネットか最寄の店頭窓口や自動契約機で行うと最短での借り入れも可能になりますし、店頭窓口や自動契約機でカードを発行すれば、併設しているATMからすぐにお金を借りる事ができます。

 

時間を短縮して融資を受けたいのであれば、申し込みをインターネットからした後に、カードを自動契約機で受け取れば、自動契約機の前で待つことがありませんのでおすすめです。

 

 

アコム公式サイトから申し込み

アコム公式サイトから申し込みをします。入力項目がありますので、間違いが無いように確認しながら入力していきます。 もし、嘘や間違いがあった場合は審査に落ちてしまいます。

 

アコム審査の開始

申し込みが完了すれば審査が始まります。申し込みの対応時間は9時から21時までなので、この時間外に申し込みをすると連絡は翌日になります。

 

必要書類の提出

アコムでは本人確認書類として下記のいずれか1点を提出する必要があります。

 

・運転免許証
・パスポート
・健康保険証
・個人番号カード

 

顔写真がない物や現住所と書類の住所が違う場合は、現住所が記載されている以下のいずれかの書類もあわせて提出します。ただし、発行日や領収日から6ヵ月以内のものに限ります。

 

・住民票
・公共料金の領収書(電気、ガス、水道、固定電話、NHKのどれか1つ)
・納税証明書

 

ちなみに、借入額が50万円以上になると本人確認書類の他に収入証明書が必要になりますので、以下のいずれか1点を提出してください。

 

・給与明細書(直近1ヵ月分)
・源泉徴収票(最新年度)
・所得証明書(最新年度)
・確定申告書(最新年度)
・市民税、県民税額決定通知書(最新年度)

 

書類の提出方法はスマホで撮影して送るだけなので面倒な手間はありません。

 

提出する前に書類がフレームの中に収まっているか、必要な情報がちゃんと写っているか確認しましょう。

 

在籍確認

申し込みのときに記入した勤務先に、実際に働いているのかを確認するために、申込者の職場に電話をかけます。

 

実際に勤務していることが確認できれば在籍確認は完了です。

 

アコムの担当者が個人名で電話をかけますので、勤務先にアコムからの電話だとバレる心配はありません。

 

アコム審査の回答・契約

アコムの審査に通ればメールで契約内容の確認が届きますので、こちらに同意をすれば契約が完了します。

 

契約後に自動契約機のむじんくんに行けば、その日の内にカードの発行が可能になります。

 

借り入れ

アコムの借入れ方法は以下から選ぶことができます。

 

*********

 

【 インターネット・電話(振込) 】
インターネットや電話での振込みは手数料無料で24時間365日借り入れすることが可能です。 楽天銀行に口座があれば申し込み完了後に、最短1分で金融機関の口座へ振込みをして貰うことができます。融資を当日に受ける場合は平日14:00までの受付となりますので、それ以降や土日祝日は翌営業日での振込みになります。

 

*********

 

【 店頭窓口 】
平日9:30〜18:00までの時間帯だと、アコムの店頭窓口で借り入れすることが可能です。 店頭窓口だと手数料が無料ですし、アコムを初めて利用する方でもスタッフが対応しますので安心して利用することができます。

 

*********

 

【 アコムATM 】
自動契約機むじんくんに併設されているアコムATMだと、手数料無料で24時間いつでも利用する事ができます。 一部では、短縮営業になっている店舗もありますので、事前に公式サイトから最寄りのアコムATMを調べておきましょう。

 

*********

 

【 提携ATM 】
全国のコンビニや銀行などの提携ATMから、アコムカードを利用して借り入れすることができます。手数料が有料になってしまうのが残念ですが、店舗数も多く営業時間も長いので便利です。

 

≫アコム申込窓口はこちら

 

 

急な出費の借金Q&A

急な出費でお金がない場合どう対処したら良いですか?

今すぐお金が必要な場合、家族や友人に借りてしまうと関係性が崩れる可能性があります。ですが、フリーローンだと誰にも迷惑を掛けずに、お金を借りることができるのでおすすめです。使い道も自由なので急な出費や生活費にも使えます。

借り入れの限度額はどれぐらいですか?

借入限度額は個人の信用情報などを基に慎重に決められます。借り入れがはじめての場合だと限度額は50万円以内に設定されるのが一般的です。

今すぐにお金を借りたいけど融資まではどのくらいかかりますか?

即日融資に対応しているフリーローンだと、最短1時間程度で申し込みから融資までを完了させる事ができます。

パートやアルバイトでもフリーローンは利用できますか?

満20歳以上の安定した収入がある方ならフリーローンを利用する事ができます。毎月決まった給料があればパートやアルバイトをしている方でもお金を借りれます。

 

急な出費の借金のメリットとデメリット

画像
急な出費でもすぐに対応してくれるおすすめのカードローンでも、メリット&デメリットがあります。

 

プロミス

プロミスのメリット&デメリットについてまとめてみました。

 

メリット
  • 郵送物なしやカードなしで手続きが完了
  • カードレスだから紛失の心配なし
  • 最短1時間で融資が可能
  • 30日間無利息サービス有り
  • 瞬フリだと10秒で振り込みが完了

 

デメリット
  • 金利が高い
  • 総量規制の対象
  • 提携ATMの手数料は有料

 

アコム

アコムのメリット&デメリットについてまとめてみました。

 

メリット
  • 最大30日間の無利息サービス
  • 審査時間は最短30分
  • 楽天銀行の口座なら24時間、最短1分で振込
  • ネット申し込みは24時間可能
  • 14時までの申し込みで即日融資が可能
  • 1,000円単位から借入可能
  • WEBですべて完結

 

デメリット
  • 金利が高い
  • 提携ATMの手数料は有料
  • 総量規制の対象

 

急な出費のフリーローン審査は厳しい?

画像
プロミスやアコムなどのフリーローンは「満20歳以上の安定した収入のある方」なら利用する事ができます。

 

未成年の方はフリーローンを利用することはできませんが、年齢の上限は業者によって違いますので、申し込みする前に確認しましょう。

 

また、安定した収入というのは業者によって違いはありますが、半年以上同じ所から給料を貰っていれば審査に通りやすいです。

 

ですので、パートやアルバイトをしている主婦や学生の方でも問題はありません。

 

フリーローンの審査基準は業者によって違いますし、申し込みの条件も微妙に異なりますので、確認してから申し込むようにしましょう。

 

急な出費の借金まとめ

画像
急な出費の時に対応できるのが、パソコンやスマホなどのインターネットから申し込みできる、プロミスやアコムなどのフリーローンです。

 

申し込みする時間帯にもよりますが、審査の時間は最短30分ですし、およそ1時間もあれば申し込みから融資まで完了することができます。

 

借り入れは振込融資の方法や自動契約機から発行したカードを使って、最寄のコンビニATMから借り入れする事もできますので、急な出費の時でも借金する事が可能ですので大変助かりますよね。

 

急な出費でどうしても申し込みをした日にお金を借りたい場合は、フリーローンを利用するのがおすすめです。

 

 

即日審査おすすめランキング!

急な出費の借金はどうする?おすすめフリーローン【申込みと借り方】
急な出費の借金はどうする?おすすめフリーローン【申込みと借り方】
急な出費の借金はどうする?おすすめフリーローン【申込みと借り方】
急な出費の借金はどうする?おすすめフリーローン【申込みと借り方】
急な出費の借金はどうする?おすすめフリーローン【申込みと借り方】

 

急な出費の借金はどうする?おすすめフリーローン【申込みと借り方】
急な出費の借金はどうする?おすすめフリーローン【申込みと借り方】
急な出費の借金はどうする?おすすめフリーローン【申込みと借り方】
急な出費の借金はどうする?おすすめフリーローン【申込みと借り方】
急な出費の借金はどうする?おすすめフリーローン【申込みと借り方】

 

急な出費の借金はどうする?おすすめフリーローン【申込みと借り方】
急な出費の借金はどうする?おすすめフリーローン【申込みと借り方】
急な出費の借金はどうする?おすすめフリーローン【申込みと借り方】
急な出費の借金はどうする?おすすめフリーローン【申込みと借り方】
急な出費の借金はどうする?おすすめフリーローン【申込みと借り方】